「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2020年07月31日

「新・平家物語」第288回「京乃木曾殿の巻(生唼・磨墨)」宇治川の戦いを前に、梶原源太景季は頼朝から名馬生唼を与えられる


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・鎌倉の軍勢は笠置の部落を立ち宇治川を目指す。
・義経は佐藤忠信が足を負傷していることに気づく。
・義経のもとにいる軍勢はふたつの系統から成り立っていた。
・まずは忠信や弁慶のような義経と強い主従関係にあった者たち。
・一方は頼朝が重用していた武蔵武士の精鋭たち。

【語注】
迂遠(うえん)=疎く鈍い様
麾下(きか)=指揮下にあること
偏頗(へんぱ)=かたよっていて不公平なこと
業腹(ごうはら)=非常に腹が立つこと


「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。


格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」

   

posted by manabiyah at 07:00| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする