「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2017年01月27日

「新・平家物語」第117回「火乃国の巻(鬼若童子)」都に起こった異変を機に弁慶は牢から脱出する



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・弁慶が天城の四郎の片目をつぶしたことで、牢の中は、重苦しい空気となった。
・弁慶はその晩、ふるさとの母の夢を見て過去をふりかえる。
・弁慶はいざ死を意識すると、弱さや、執着に襲われた。
・作者である吉川英治は、便利の素性について、様々な学説を引用する。
・吉川英治なりの弁慶の素性が、物語の形で提示される。

【語注】
利剣(りけん)=鋭利なつるぎ
入夫(いりむこ)=婚姻により、他家の女の夫としてその家の籍に入った者
酷薄(こくはく)= むごく、なさけ心のないこと
高窓(たかまど)=煙出しや彩光のために部屋の天井近くに設けた窓
洛中(らくちゅう)=平安京の内

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 09:15| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

「新・平家物語」第116回「火乃国の巻(百面相・ひゃくめんそう)」投獄された弁慶は牢の中の人々と打ち解けていく



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・二十人あまりの男女がこの牢の中に収容されていた。
・身動きもせず、口もきかずに、無気力なままな彼らに話しかける弁慶。
・徐々に牢の中の人とうちとけあっていく弁慶。
・牢の中にいるのは、生きるために罪を重ねざるを得なかった者ばかりだった。
・その背景には、保元や平治の戦乱や、庶民をかえりみない平家の存在があった。

【語注】
哄笑(こうしょう)= どっと大声で笑うこと
咀嚼(そしゃく)=口の中で食べものを噛み砕き味わうこと
弓箭(きゅうせん)= 弓矢
揶揄(やゆ)=からかうこと
赫怒(かくど)=激しく怒ること
奴婢(ぬひ)=下男と下女
終日(ひねもす)=一日中


「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:23| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

「新・平家物語」第115回「火乃国の巻(人里)」弁慶は天台座主強奪の責任を負って投獄される



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・法住寺殿では後白河法皇が風邪ということで人々との対面を避けていた。
・弁慶は罪を背負って自首しようと法住寺殿の長い築土を見渡していた。
・ちょうどその日、清盛の弟である池殿平頼盛は、法住寺殿へとむかっていた。
・頼盛の牛車が法住寺殿の東門に向かうと、弁慶が仁王立ちで大声をあげていた。
・弁慶は自分に縄をかけて、執事大納言成親の前へ連れていけと言う。


【語注】
六方者(ろっぽうもの)=山門中堂の守りに立つ者
叡聞(えいぶん)=天子がお聞きになること
凝然(ぎょうぜん)= じっとして動かないさま
高手小手(たかてこて)= 両手を後ろにまわし首から縄をかけ二の腕から手首まで厳重に縛り上げること
愉悦(ゆえつ)=心から喜び楽しむこと

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 09:03| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

「新・平家物語」第114回「火乃国の巻(怒め坊)」流罪となった天台座主の奪還のため、弁慶が現れる



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・明雲は伊豆へ配流と決まり、山門の大衆は激怒。
・明雲は馬の背に乗せられ護送される。
・待ち構えた僧兵達を見て、護送の役人や兵は明雲を置いて姿を消す。
・僧兵達は明雲の側に寄って、輿に乗るように勧める。
・申し出を断ろうとする明雲の前に「怒め坊」が現れる。

【語注】
臂力(ひりょく)= 腕の力
裹頭(かとう)=頭を袈裟などで包み、目だけを出す装い
伝教大師(でんきょうだいし)= 最澄
香染(こうぞめ)=黄色味を帯びた薄茶色。
息杖(いきづえ)=重い物を担ぐ人が使う長い杖。

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:28| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

「新・平家物語」第113回「火乃国の巻(座主流し)」院宣が発せられ、天台座主の明雲が重罰に問われる



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・長七唱と共に頼政は先日の火事の焼け跡を目にしながら帰宅。
・頼政の長男である伊豆守仲綱は、父の屋敷の様子を伺いにやって来る。
・仲綱は息子である有綱を、この正月に勘当したことを伝える。
・さらにこの場に、仲綱の弟である兼綱もやって来る。
・夜が明けて、兼綱は検非違使の勤めもあり、早朝から出かけた。
・比叡山座主明雲が罰せられることとなったという情報が伝わる。

【語注】
改易(かいえき)= 罪科などにより所領・所職・役職を取り上げること
廚(くりや)=料理をこしらえる所,台所
御諚(ごじょう)= 貴人・主君の命令
師表(しひょう)=世の人の模範・手本となること
徳行(とっこう)=徳の高い行い
還俗(げんぞく)=一度出家した者がもとの俗人に戻ること
籠絡(ろうらく)=巧みに手なずけて思うままにすること


「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 09:04| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

「新・平家物語」第112回「火乃国の巻(菖蒲葺)」源頼政は院の御所法住寺殿に趣き、藤原成親と会う



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・祇園を陣地とした僧兵たちはふたたび皇居に向かう機会を伺う。
・比叡山の社を焼き払い、僧都も山を離れるという強行手段も検討される。
・法皇は山門に屈服せざるを得なくなり、師高と師経を流罪とする。
・重盛配下の、神輿や法師達に矢を浴びせた武士たちも罰せられた。
・安元三年四月二十八日、都は大火事に見舞われる。

【語注】
杜子美(としび)= 杜甫、中国盛唐の詩人
蘇東坡(そうとば)=中国北宋時代の政治家かつ詩人
在郷(ざいごう)= 都会から離れた地方、田舎
更迭(こうてつ)=ある地位・役目にある人を、他の人と代えること
憤懣(ふんまん)=怒りが発散できずいらいらすること

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:57| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

「新・平家物語」第111回「火乃国の巻(土下座陣)」平重盛と源頼政が、比叡山の僧達による強訴に立ち向かう



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・加賀白山の末寺である鵜川寺の新任の国司加賀守師高と近藤判官師経。
・鵜川寺の土着の僧と、喧嘩になり、殺傷沙汰になる。
・これを発端として両者の争いは拡大し、国司側が寺の僧坊を残らず焼き払う。
・白山の大衆は大挙して、国府の目代所に押し寄せる。
・師経は、都へと逃げ帰り、白山は比叡山に訴えて協力を仰ぐ。
・比叡山側は院に対して、師高と師経の流罪を要求するも却下され強訴に。
【語注】
広前(ひろまえ)= 神の御前
示威(しい)=威力や気勢を他に示すこと、デモンストレーション
裹頭(かとう)=頭を袈裟などで包み、目だけを出す装い
下命(かめい)=命令を下すこと
何条(なんじょう)=何という、何ほどの
碩学(せきがく)=修めた学問の広く深い人

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:33| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする